冶金

概要

金属鋳造熱処理加熱・保温には抵抗炉、熱処理炉、電気アーク炉、中周波炉を使用し、冷却・組立ラインには周波数変換器、ウォーターポンプ、モーターを使用しています。これらは非線形負荷装置であり、必然的に高調波をもたらし、生産に多くの悪影響を及ぼします。コンデンサの発振を引き起こし、閉じるときにコンデンサ補償器をトリップさせる可能性があり、使用できません。加熱プロセスに影響を与え、熱処理装置の加熱性能が期待される効果に達することができず、加熱速度が2倍になります。敏感な測定および制御機器を損傷させる; 変圧器の安全な動作に影響を与え、電源の大きな隠れた危険をもたらします。

  軸受工場では、高温環境や大きな電圧変動に対応し、低消費電力のCJ19シリーズスイッチングコンデンサコンタクタを採用しています。CKSGフィルターリアクターとHYMJフィルターコンデンサーを搭載しているため、動作の安定性と信頼性が向上します。一方、有効電力フィルター装置(HYAPF)を使用すると、すべての高調波を効果的にフィルターで除去して国家標準に到達し、力率が要求に達し、変圧器や機器の安全な動作を効果的に確保し、製品の適格率を向上させます。

スキーム図面リファレンス

1594694520861769

カスタマーケース

1594696354792266